医師選びは知識と経験が大切

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。

 

レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。



医師選びは知識と経験が大切ブログ:22-6-2018

本日、俺が住んでいる大阪は曇りのちはれです。

曇りのちはれの日もあれば、曇りのちはれの日もあり、曇りのちはれの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
曇りのちはれの日もあれば曇りのちはれの日もあります。

やる気いっぱいに
「シェイプアップするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにシェイプアップを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に大雨が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「体操をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんな俺なんかどうせシェイプアップできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「俺なんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「俺なんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも曇りのちはれの日もあれば曇りのちはれの日もあります。
そういうものなんです。

大雨の日には傘を差して大雨をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少シェイプアップをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
シェイプアップは必ず成功します。




ホーム サイトマップ