レーシック後には感染症に注意

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。



レーシック後には感染症に注意ブログ:13-11-2018

友人と同じ日に同じ減量を始めたのに、
友人の方が痩せていくのが早い…

なんで?
こう思いますよね。
だって、同じ日に同じ減量を始めたのに!
痩せるスピードが違うなんて…

僕は痩せられないのかな、
何か間違ってるのかな、
こう疑問ばかりが浮かんでしまうかもしれません。

しかし、落ち着いて考えてみてください。
友人は、
減量前も自分と同じ生活、食事をしていましたか?
きっと違うはずです。

今までの生活パターンが違うなら、
痩せるスピードにも違いか出てくるのは当然の事なんです。

だから、友人は順調に痩せはじめてるのに、
僕は全然…と落ち込む必要もないんです!

自分のからだは今痩せるための準備運動をしているだけであって、
減量を棄権したわけではないんですから!

準備運動が終わって、
痩せる体制になれば減量も順調に進むはずです。

僕も以前は無理な減量ばかりしていたので、
ちゃんとした減量を始めた時はなかなか痩せなかったんです。

無理な減量で痩せて、リバウンド。
この二つがからだに染み付いてしまっていたので、
痩せる体制になるのに少し時間がかかってしまったんです。

しかし、
時間とともにしっかり体重も落ちはじめ、
全体的にバランスが取れはじめました。

体重の変化・痩せるスピードだけで
一喜一憂していてはダメなんです。

最終的な目標を思い返してみてください。
僕もそうでした。

体重を落としつつ、本当の意味での減量成功!
これを実現させる事ですよね。

他の人より痩せるのが遅いからと、悩まないでくださいね。
しっかりした減量をやっているのであれば、
読者様もきっと減量に成功しますよ!





ホーム サイトマップ