レーシックは両目に限ったことではない

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。





New Balance、今すぐアクセス
New Balanceはこちらがお薦め
URL:http://betamag.newbalance.co.jp/


レーシックは両目に限ったことではないブログ:16-10-2018

おれの実家は食堂を営んでおります。

その昔、父が経営していたお店に
母がアルバイトとして入ったことをきっかけに結婚…

それから40年近いこれまでの歳月、
業態を何度か変更したものの今は食堂に落ち着き、
家族経営の小さなお店をずっと続けています。

自宅兼職場の小さな空間に
1日中一緒にいる父と母は、
人もうらやむラブラブカップルというわけではないけれど、
くちも利かないくらい険悪というわけでもない…

でも、夫婦喧嘩は日常茶飯事で、
時々は食器が飛び交い、夜更けに大声が響き渡ることも…
そんな、下町にありがちな夫婦です。

今から2年前のある日、
おれが職場から家に帰ると、不穏な空気が家中に充満していました。

夫婦喧嘩はいつものことだけど、
その日は少し様子が違うようだったので、
とりあえず、喧嘩して興奮している2人の間に入り、
話を聞くことにしました。

話を要約すると
この不景気の中、もっとがんばらなきゃだめなのに、
母が協力的ではないと、父の怒りが爆発した様子。

その中で「店をたたむ」「生か死か」という話にまでなり、
それが不穏な空気の正体のようでした。

話すうちにどんどん感情的になり、激高する父。
父の怒りが収まるのをダンマリを続けて待つ母。

2人の間に入りながら、おれ自身は、
「小さいときからこうやって親の喧嘩の仲裁してたな…」
「夫婦喧嘩は犬も食わない…っていうけど、
息子が食べてもだめなものだったんだなぁ…」
というようなことを感じていました。

その日は3人で話し合い、
「みんなで協力しあっていこうよ」と納得しあって終了。

おれは会社勤めなので、
PCでのメニュー作りなど外部的なサポートをすることに…




ホーム サイトマップ