一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。





脆弱性診断、今すぐアクセス
脆弱性診断
URL:https://cloudpack.jp/service/spin-off/vulnerability-assessment.html


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:30-6-2018

おれたちのからだは
汗腺という場所から汗をかきます。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン線は、
からだ全身に分布している小さな汗腺で、
ここから出る汗はさらさらしていて、
ほとんどにおいはありません。

アポクリン腺は、
わきの下や生殖器など、
からだの一部にだけある大きな汗腺で、
粘り気のあるにおいの強い汗が出ます。

エアコンに頼りすぎた生活を送ったり、
トレーニング不足やストレスなどによって汗腺の機能が鈍ると、
エクリン腺から出る汗もべたべたしてきます。

体臭を防ぎ、においのないさらさらの汗をかくためには、
毎日の生活習慣、ご飯内容を見直すことが必要です。

脂肪成分を多く含んだ肉類や、
油脂分の多い揚げ物、チーズやバターなどに偏らず、
野菜類に多く含まれる抗酸化食品をとるようにしましょう。

特にビタミンAやEが多く含まれている食品は、
においを抑制する効果があるといわれています。

なお、
にんにくなどの香りの強い食品、
日本酒を大量に飲んだ後などは、
体温が必要以上に上昇してしまい、
汗と一緒ににおいの成分が毛穴から分泌されて、
においの元にもなりますので、
適量を心がけましょう。

毎日の生活では
からだを清潔に保つことが大切です。

また、
タバコのにおいも体臭の原因になります。
タバコにはアンモニアやニコチンといった
約4000種類ものにおい物質が含まれているそうです。
これらはからだの中で分解されにくく、
汗と一緒に出てにおいを放ちます。

おれたちが過ごしている毎日では
汗をかく機会が少ないため、
汗腺の機能が衰えてニオイを発しやすくなります。

気分転換に屋外へ出てトレーニングするなど、
自然に発汗を促すといいですね。

嗚呼,気分爽快

ホーム サイトマップ