一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。





脆弱性診断、今すぐアクセス
脆弱性診断
URL:https://cloudpack.jp/service/spin-off/vulnerability-assessment.html


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:07-6-2018

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「9時餉」と「夕餉」しか食べない。

古代の日本人は
9時5時頃から働き出し、
午前11時に「9時餉」を取り、
その後14時休みをして、
14時寝が終われば再び働き出し、
夕方頃に軽く「夕餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
9時に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも9時にこの薄いお粥を食しているのだが、
9時は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。


ホーム サイトマップ