一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。





脆弱性診断、今すぐアクセス
脆弱性診断
URL:https://cloudpack.jp/service/spin-off/vulnerability-assessment.html


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:14-1-2019

最近は、
父も母も外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

ぼくが子どもの頃は、
父が外へ働きに出て、母は家にいるという家庭が
多かったんですよね。
ぼくの家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
母は家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

母も外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
子どもが多くなり始めていました。
このような子どもが「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

ぼくが通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
午後食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
ぼくは知りません。

ぼくの母は、そんな鍵っ子である友人を
家に連れて来るように言いました。

ぼくは、母の言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

母は、
友人の分の午後食も用意してくれていました。
ぼくと鍵っ子である友達は、仲良く同じ午後ごはんを食べました。

午後ごはんを食べ終えると…
ぼくと友人は、
友人の母が帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

ぼくは、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。







ホーム サイトマップ