悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療


悩みの遠視もレーシックで治療
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。




悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:18-2-2018

「ダイエットでガマンは禁物!」
この言葉は、今やダイエットの常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、おれ自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
長期的にダイエットを続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい身体になったり、
過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
皆様、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた身体や心に鞭打つようなダイエットでは
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕方食後のおやつをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おやつを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
ダイエットのちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスにダイエットを進めてみてはどうでしょう?

―地球滅亡まであと427日―
悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
医師選びは知識と経験が大切
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に見逃す事の出来ない最新のレーシック