一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:19-12-2013


減量をするためには、
筋肉を鍛える体操が、どうしても必要になってきます。

筋肉は、わたくしたちが食べたカロリーを消費してくれる大切な箇所です。
だから、筋肉を鍛えることで大きくする必要があるんですよね。

女性の中には、筋肉を鍛える体操をすると、
ボディービルダーのようなからだになってしまうのでは?
と不安に感じる人が多いみたいですが…

それこそハードな体操でもしない限り、
筋肉がムキムキになったりしませんので、ご心配なく!

わたくしがお勧めするのは「ながらわたくし」です。
何かをしながら体操をすると、
継続的に減量を進めることができますよ。

例えば、
何もせずにただ3分間体操をするというのは、かなりきつく感じます。
しかし音楽をかけながら、体操すれば楽勝です!

大体、今の音楽は一曲3~4分程度。
ということは、一曲聴きながら体操をすれば3分程度になります。
一曲なら、少し頑張ってみようと思えますよね?

また3分というと、
テレビのコマーシャルの時間がこの程度のような気がします。
好きなテレビ番組を見て、コマーシャルになったら少し体操する、
これも簡単に頑張れるんじゃないでしょうか?

よく、減量には、
一日20分程度の体操が必要といわれています。
しかしこれは、
20分「連続」で体操をしろ!という意味ではないんですよね。

最近の研究によると、
一回当たりは数分であっても、合計で20分を超えれば、
減量効果はあるということが広く認知されています。

ですから、ながら体操でも、頻繁に行っていると、
意外と20分の壁というのは簡単にクリアできてしまうんですよ。

一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
医師選びは知識と経験が大切
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に見逃す事の出来ない最新のレーシック