レーシックで老眼も治療可能

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックというのは、目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます。
ですので遠視でも近視でも、レーシック手術をすることで、元に戻すことが出来てしまうのです。

 

老眼というのは、一度その症状が進行をしてしまうと、二度と元には戻ることはないと思っている人が大勢います。
しかし老眼というのはレーシック手術を受けることによって元通りの視力に回復をさせることが出来るのです。

 

老眼はつまり遠視という状態となっているので、それは近視と同様にレーシックの手術で治療させることが可能です。
つまり遠視で悩みを抱えている人は、信頼することの出来るレーシックのクリニックで相談をしてみることをオススメします。





浮気調査のことなら
浮気調査
URL:http://www.tantei-total.com/


レーシックで老眼も治療可能ブログ:10-10-2018

厳しさとやんちゃさを兼ね備えた父、
そして、穏やかな、どこかお茶目なお母さんの元で
オレは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
父のお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことを子どもに残したかった父。
父の教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
ご飯1食につき、ご飯を2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ご飯をお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ご飯を2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になる父。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のオレには、怒られていることに気をとられて、
父の思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

父は、オレたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
オレたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

父もお母さんも戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にご飯を食べさせることが家族の幸せであり、
父にとって意味あることだったのですね。


ホーム サイトマップ