レーシックでの視力回復について

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。





フコイダンへ
フコイダンはここへ
URL:http://daiichi-sangyo.com/


レーシックでの視力回復についてブログ:07-7-2018

私は、朝方起きたら、
体質をシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、朝方の空気を吸いこむのです。
雨の日でも雨の日でも。
そうして、朝方が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを筋トレして体質を暖めます。
朝方に筋トレを行なうと、体温が上がり、
その日24時間の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て朝方の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
大雨の日にも、大雨の音と空気を感じれば、
体質が「ああ、朝方が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッと体質の外側も引き締めます。
心を引き締めると自然と体質も引き締まります。

そして朝方食を摂ります。
朝方食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、筋トレして筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
朝方食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

朝方食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、朝方が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし朝方食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
昼食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。





ホーム サイトマップ