レーシックでの視力回復について

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。





フコイダンへ
フコイダンはここへ
URL:http://daiichi-sangyo.com/


レーシックでの視力回復についてブログ:10-12-2018

1週間位前のこと…
娘と散歩から帰る途中、
横断歩道を渡っている時に
娘の手からどんぐりが落ちました。

2歳になったばかりの娘はたどたどしい発音ながら
「拾ってちょうだい」と訴えます。

渡りかけた歩道を戻り、
どんぐりを拾おうとかがみましたが、
もう一人いる娘を胸に抱きかかえながらでは
上手くいきません。

いったんつかんだのも束の間、
どんぐりはぼくの手のからも転がり落ち、
道路へ戻って行きました。

そのうち歩行者用の信号は点滅しはじめ、
拾っている余裕はありません。

「行くわよ」
娘の手を引いて歩道を渡り切ろうとしました。

しかし、
娘はどんぐりを諦めきれず、
横断歩道の真ん中に座り込んで泣き始めました。

帰宅ラッシュが始まろうとしている夕方、
道路は車でいっぱいです。

ポケットの中から、
先ほど一緒に拾った他のどんぐりを見せましたが、
娘は「道路に落ちた、あのどんぐりがいい」と言わんばかりに
泣きじゃくります。

でも、信号は待ってくれません。
帰路を急ぐ車の列は今にも動き出しそうです。
もう時間切れ。
娘に付き合っている暇はありません。

仕方なく、泣き叫ぶ娘を無理やり小脇に抱え、
横断歩道を渡り終えました。
信号がパッと変わって車の波が押し寄せ、
どんぐりは彼方に消えていきました。

「これで安全」と安堵したぼくのうでの中で、
娘は目からポロポロ涙を流して泣いていました。
そして「どんぐり、どんぐり」と繰り返します。

その17時、結局どんぐりを拾いに戻らなかったことを思い、
ぼくの胸は痛みました。

大人の目には他と同じに見えたどんぐりが、
娘にとってはかけがえのない1個だったのでしょう。
楽しい時間を共にした友人みたいな存在だったのかもしれません。

ホーム サイトマップ