レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



- お勧めの情報 -

浮気調査
浮気調査おすすめ
URL:http://www.tantei-total.com/


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:21-9-2018

私は大学三年の冬妊娠し、結婚。
そして大学四年で元気な女の子を出産し、
大学も卒業させてもらった…

どう考えても自分勝手だとわかっているが、
そんな私を家族は応援し、支えてくれた。

妊婦のころは日々…
お腹の赤ちゃん早く出てこないかな。
早く会いたいなぁ。
名前は何にしようか?
…とワクワクして、
気が付くとなんだか顔がにやけていることが度々あった。

その反面
出産に対する少しの恐怖と不安もあった。
そんな時の良き相談者はお母さんだった。

弱気になっているといつも、
「みんな産んでるんだからどうにかなる!」
そう明るく言って私を励ましてくれた。

お父さんといもうとは仕事から帰ると
ポコポコ動くお腹を触り、話しかけていた。

夫は出産にも立ち会いたいと言ってくれて
母親学級にも全て一緒に参加してくれた。

また、毎回妊婦検診から帰ると
家族みんなで検診のときに撮るエコーの
ビデオ鑑賞会が始まった。

何回も巻き戻しては
「これがあしだ!これがうでだ!」などと言いながら
お腹の中にいる赤ちゃんを見ていた。

このような光景を見る度、私は
「みんなが心待ちにしているよ。たくさん愛されるよ。
かわいがってくれるよ。だから元気に出ておいでね。待ってるから…」
とお腹を優しく撫でながら話しかけていた。

お父さんやお母さんも私がお腹にいるとき
こんな感じだったのだろうか?…
たまにそんなことを考えたりもした。

予定日から一週間が過ぎた日の夜更け、
破水し、待ちに待った陣痛がきた。

「やっと会える!」

長い陣痛の間…
お母さんはこんなに苦しい陣痛を耐えて私を産んだのか…
と何度も考えた。


ホーム サイトマップ