レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



- お勧めの情報 -

浮気調査
浮気調査おすすめ
URL:http://www.tantei-total.com/


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:26-9-2017

思春期を迎える以前のおれたち姉弟は、
近所でも評判の仲の良い兄弟でした。

年子であることもそうですが、
引越しが多かったことや、友達の家と少し離れていることなどもあり、
二人で遊ぶことが多かったからかもしれません。

弟のあまりのパワフルさに、
おれの体力がもたない事もしばしばでしたが…
弟はまさに疲れ知らずなのです。

弟は夢中になって遊んでいるのに、
おれはすっかり疲れきってしまい、
お母さんが呼びにくるのが待ち遠しいこともありました。

そんなおれたち姉弟も例外では無いようで、
思春期の気配がする頃には、少しずつ距離が出来始めていました。
そんな頃の印象的な出来事です。

おれが小学校6年の時に
おれ達一家は東京に引っ越したのですが、
その直後の習字の時間に事は起こりました。

以前の学校では、墨汁をそのまま使用していたのですが、
新しい学校では、墨を摺るように指導していたようで、
前の席の男の子と言い争いになりました。

しかし、子供の頃のおれはとてもくち下手で
どちらかというとくちの代わりに手が出る方でした。
くちげんかでは必ず弟に負けていたんですよね。

当然、その男の子にもくちでは敵うはずもなく、
力の争いに発展の後、どう終了したのかは覚えていませんが、
感情を表現できず、怒りだけがたまって悔しくて泣いてしまいました。

休み時間に弟がその話を聞きつけたらしく
「大丈夫か?」
と飛んできてくれたのです。

弟がそんな風に飛んできてくれたことがとても意外でした。
あまりくちをきかなくてもちゃんと心配してくれてるんだな…と
嬉しかったんです。

小学生ながら実に男らしい弟だと
頼もしく思えたことを覚えています。


ホーム サイトマップ